Discography(ディスコグラフィー)

"soul joint"

soul joint

ソウル・ジョイント
SOUL JOINT
1995.06.21

全編ウイリー・ミッチェルのプロデュース、メンフィスはローヤル・レコーディング・スタジオで録音されたファースト・アルバム。アメリカ、イギリスでもリ リース。アル・グリーンの”Let’s Stay Together”のカヴァーの他、サザン・ソウルの伝統と、ORITOの若々しい感覚とがぶつかりあった名唱が続出。

 

"soul food"

soul food

ソウル・フード
SOUL FOOD
1997.05.21

小林信吾氏のトータル・プロデュースによる全編を日本語詞で貫いた2作目。自作曲が中心となって進む中、堺 正章の「さらば恋人」をR・ケリー調にカヴァーするなど、勇猛なチャレンジもそこかしこに見て取れる。

 

"lost and found"

lost and found

ロスト・アンド・ファウンド(発売中)
LOST AND FOUND
1999.10.06
DJ HASEBE、T.KURA、ゴンザレス鈴木などをプロデューサーに迎えながら、グルーヴィーに織り上げる新たな世代によるソウル・サウンドの宣誓に満ちた99年の問題作。日本語も英語も構わず、テンポにも縛られず、彼ならではの世界が隅々にまで広がる。

 

<DJ HASEBE コメント>
僕が歌もののアーティストを手がけて行く中で、日本人のR&B男性ヴォーカルのイメージが今まではイマイチ湧かなかった。それはたぶん、僕の知る 限りでは、日本人の男性コーラス・グループや、R&Bといわれている男性シンガー達に共通する“恥ずかしさ”みたいなものを感じていたからだと思う。それ は、ビジュアル的なものが、まんま向こうの真似であったりとか、日本人の声域ではあまり気持ち良くない歌い方であったりとか、露骨に歌謡曲のくせに「オレ はR&Bだ、オレはHip Hopだ」などと言っているいわゆる“濃い人たち”が目についていたから。
でも、僕のそんな考えは、K-Dub Shineのアルバム内の曲『独り言』にフューチャリングされているORITO君の歌声をきいた時に一掃さ れた。女の子が歌ったらR&Bみたいなこの状況をぶち壊す可能性が見えてきた。すぐさまK-Dub ShineにORITO君を紹介してもらい、今に至る訳だが、僕の手がけた今回の2つの作品は、『今すぐ欲しい』を作り上げた時のような、ヘンな自信があ る。シーンに必要とされているものを素直に作った訳ですから、間違いなく結果は出ます。『今すぐ欲しい』を作った時も、僕はまわりのスタッフに自信満々に そう言い放ったのを覚えています。これからORITO君とは長い付き合いになっていくような気がします。まず僕らの第一弾として、この2つの作品を聞いて 下さい。

 

"the immortal soul"

the immortal soul

IMMORTAL SOUL(発売中)
IMMORTAL SOUL
2008.07.16

2008年2月23日に急逝した、日本R&Bシーンのパイオニア、ORITOの追悼アルバム。本作はビクターからリリースしたオリジナル・アルバ ム3作からのセレクション + ゲスト・ワーク + 最新曲1曲からなる計14曲を収録。彼がビクター内外で残した功績もつぶさに収録。CDエクストラ仕様にてミュージックビデオ2曲「DJ Feelgood」「Finga Play」収録。

 

"団子と珈琲"

団子と珈琲

団子と珈琲(発売中)
団子と珈琲
2008.7.16

2008年2月23日に急逝した孤高のジャパニーズソウルシンガー。ORITO。サザンソウルの首都、メンフィスに単身乗り込み、ハイサウンドを生み出し たウィリーミッチェルの元、衝撃のデビューから十数年。ORITOがこの世に最後に示すのは等身大の”ジャパニーズソウル”。日本の原風景を現した剥き出 しの感性から生み出された歌声とメロディは日本人の心に響く”魂の音楽”。