アーカイブ

‘worldcup’ タグのついている投稿

VerizonがNFLゲームを携帯配信

NFLのオフィシャル携帯電話キャリアは3月にスプリント(sprint)からヴェライゾン(verizon)に移行。

5年で600万ドル(600億円弱)の契約を凌駕する4年720万ドル(700億円弱)でオフィシャルパートナーとなったヴェライゾンは4月のドラフトからDroidやBlackberryといったスマートフォン向けのアプリを領付しているが、いよいよシーズンに向けてフルゲームの携帯向けライブ配信を開始するとの事。NFL NETWORKの人気プログラムRED ZONEなどにもフルアクセス出来るこのサービスは月間10ドルの課金サービス。

ヴェライゾンはW杯でもMedia FLOの商用サービスを利用してのライブ映像配信で成功を収めており、米国内で絶大なる人気を誇るNFLコンテンツで更なるコンテンツ充実を図りユーザー獲得を狙う。
ちなみにiphoneユーザーは米国ではAT&T固定なのでこのコンテンツを楽しむ術はない。

Enhanced by Zemanta
カテゴリー: NFL, Sports, biz タグ: , , , , ,

米国でのW杯広告効果

アメリカのスポンサーシップ効果などを調査するFan Lab社からワールドカップにおける広告効果測定の結果が公表された。

Table1 がワールドカップでの各カテゴリーオフィシャルスポンサーの認知率。
Table2はNFLの各カテゴリーオフィシャルスポンサーの認知率。

短期間でのパブリシティの集中豪雨が続いたワールドカップでのオフィシャルブランド認知率はNFLのそれと比べても非常に高い。

内容はともあれ、このようなサーベイが米国のマーケットで公表される事事体、米国でのサッカー人気向上を表していると思う。

カテゴリー: Sports, biz タグ: , , ,

アンブッシュマーケティング

今回のワールドカップのオフィシャルビールはご存知の通りバドワイザーの独占契約。

BudweiserのW杯CM ”Kick”

オランダのババーリアビールが前回大会に引き続きunbush marketingを行い物議(話題??)を。

06年のドイツW杯では写真の様なオレンジのレダーホーゼ(南ドイツの民族衣装)を景品とし応援キャンペーンで1000人以上のファンに着用させ観戦させる事に成功。当時もFIFAの大目玉を食らったのに再度やらかすところが凄い。

今度はミニスカ美女軍団でのアンブッシュマーケティングを敢行。

“Bavaria”はTVCMでオレンジのミニスカートの女性グループを登場させる。
そしてW杯の対デンマーク戦で警戒するW杯関係者を尻目にデンマークサポーターに変身させた女性グループを送り込んだのだ。

会場でデンマーク色の衣装を脱ぎ捨てオレンジのミニスカートで場内の注目を集める行為は当然の如く阻止されたがこれだけ騒がれれば一定の効果有といってよい。

リーグ/スポンサーと対峙する立場からするとこれは決して褒められるべき行為ではないのだが、悪しきケーススタディとしては押さえておく必要のある出来事。

その恐るべし行為の一部始終を。

Enhanced by Zemanta